「二重らせんの私」読了

なんだかんだむつかしいところはあったにせよ

読んでよかった

自分は著者のように努力もしていなければ頭もよくない

欲望だらけ不満だらけの自分を思い知った

大学さえ出ていればこんなじゃなかったという甘えた考えもこの際捨てよう

 

 

 

二重らせんの私

読む途中

思った、私理科が一番苦手だったと

ここでも自惚れを発揮していた

分からないながらも読み進めるのか

半分読んだから全部読んでみるのか

どうする

ネガティブモンスター

大好きなだおこからもきらわれてしまうのか

あっちでぐちぐち

こっちでぐちぐち

わたし

いつも書いてること消してたけどもう消さない

私は根暗でこういうことしかすることないから

こういうこと書いたら見る人はうんざりするだろうけど

メンヘラ認定だけど

それが自分だから

仕方ない

見る人なんて誰もいないし

どうでもいいんじゃないか

頑張っても自分には何もない

学んでも意味がない

何にもない

バカみたいだね

自分

バカみたいというよりホントのバカなんだね